株式会社松屋商会
埼⽟県さいたま市中央区本町東4-27-12

現地調査のご依頼

お問い合わせ

メニューを開くメニューを開く

スタッフブログblog

2022/06/20

節電の夏。

節電の夏。 画像

今年の夏は電力不足が問題視されています。

しかし30度以上ある夏の気温にエアコンを使わないのは

熱中症などの危険が伴ってきます。

かと言って、バンバン電気を消費して計画停電などになったら

これまた、大変ですよね。

夏にできる節電を紹介していきたいと思います1

エアコン編

サーキュレーターや扇風機を使用しましょう。

人間は風を感じると体感温度が2度下がると言われています。

部屋の空気を循環させてみましょう。

エアコンの掃除をしましょう。

フィルターの目詰まりを起こしていると

エアコンを十分に発揮できず余分に電力を消費してしまいます。

更に暑くなる前にエアコンの清掃を行いましょう。

室外機に日除けを設置しましょう。

風通しが悪かったり直射日光のところに室外機があると

放熱効果が下がりエアコンの効率も下がってしまいます。

風通しが悪くならないように室外機に日除けを設置してみてください。

窓からの直射日光を遮断しましょう。

冬場は暖めてくれる日光ですが、夏は室内の温度がどんどん高くなってしまいます。

外側から光を遮る方が室内の温度が上がりにくくなります。

サンシェードや緑のカーテンを設置して直射日光を遮断しましょう。

冷蔵庫編

冷蔵庫内のものを少なくしましょう

庫内にたくさんのものが詰まっていると循環がされず

冷蔵効率が輪あるくなってしまいます。

冷蔵庫にビニールカーテンを設置しましょう。

消費電力を抑えるには庫内の冷気を逃さないのがポイント!

ビニールカーテンを設置して開閉による冷気の逃しを

防いでみましょう。

開閉回数を減らしましょう。

そもそもで開閉自体を減らすことで冷気は保てるので

最低限の開閉により節電に繋がります。

その他家電編

日中の照明はOFF

太陽が出ている日中は直射日光は遮りつつ

明るさを取り入れて照明の使用を控えましょう。

温水便座の電源はOFF

意外とつけっぱなしにしてしまいがちですが、

夏場はそれほど冷たさを感じることはないですよね。

必要のないものはOFFしていきましょう。

見ていない時間のテレビはOFF

これもやってしまいがちですが、ながらテレビ。

料理しながらテレビ、携帯操作しながらテレビ。

案外見ていないんですよね。

この場合はテレビをOFFしてみましょう。

ついていることでテレビから熱が出ます。

それも防げるので一石二鳥ですね。

リフォームのことなら
何でもご相談ください︕

リフォームのことなら何でもご相談ください︕

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2021 松屋商会. All Rights Reserved.